ビルドマッスルHMBの成分【筋肉を作り出すアミノ酸とは?】

 

アミノ酸とひとことに言っても数百種類も存在し、身体を構成するものは20種類だけだと言われています。
さらに、その中でも筋肉の増大に関わるものは少なく、ロイシンは筋力アップには重要なものとして知られているアミノ酸です。
しかし、このロイシンはHMBという成分にならなければ、効果を発揮しません。


 

 

1日の目安としてはHMBは3gの摂取が好ましいと言われていますが、そのためには60gものロイシンが必要になるのです。
結果的にHMBをそのまま摂取できれば効率が良いということになります。

 

 

 

ビルドマッスルhmbは8錠飲むだけで、最も効果的だと言われる摂取量の3gを摂取することが可能です。
健康補助食品ですので、飲むタイミングの決まりはありませんが、より効果を期待できるタイミングは存在します。
公式の説明書では、運動する30分から1時間前に飲むことで効率的にアミノ酸を筋肉に届けることができる旨が記載されています。
これは摂取から消化されてHMBの血中濃度のピークになる時間にタイムラグがあるからです。
筋肉をアップさせる目的であれば、トレーニング前に飲むことを心がけると良いでしょう。

 

 

 

ビルドマッスルHMBの成分は筋力アップや筋肉疲労にも効果的?

 

 

 

ただ、HMBは筋力アップの効果だけでなく、筋肉疲労を回復させる効果も期待できますので、筋トレ後に飲むことも効果的です。
特に筋肉トレーニングを始めたばかりの方だと、筋肉痛がひどく、回復までにトレーニングができなくなることがあります。
サプリメントによって疲労回復を促せば、効率的に筋力増強を目指すことができますので、最初のうちはトレーニング後に取り入れるのも良い方法です。
筋力アップを促進しながら、ある程度の体を作ることができれば、筋力増強を中心として運動を行う前に飲む量を増やしていくと良いでしょう。

 

 

 

他にも就寝前に摂取すれば、筋力が回復するゴールデンタイムにHMBを届けることができますので、合理的なタイミングとも言えます。
運動をしない休息の日などには、効果的な方法ですね。
また、日常生活でも筋肉は使われますので、ハードな運動をしない方でも毎朝の通勤前に飲むことのも良いでしょう。

 

 

 

筋トレなどで筋肉を使う前に飲むことを基本として、運動後や就寝前など用途に合わせて使い分けることが賢明です。
ビルドマッスルhmbにはHMB以外にも回復に欠かせないグルタミンや男性の強い味方となるトンカットアリ、HMBと同様に筋肉増強に関わるBCAAといった成分も配合されているため、効率的に鍛えることができますよ。

 

 

 

関連記事

 

ビルドマッスルHMBの効果は嘘?本当?【口コミ、レビュー画像有】